ビジネスシーンで需要が高まっている多言語翻訳【メリットを調査】

多彩な言語に対応するには

重要性が高まる翻訳

ENGLISH

世界はグローバル化が進んでいますから、様々な国同士が幅広く取引を行うようになっており、日本も例外ではありません。経済成長が著しい中国や発展途上国はマーケットも大きい上に活気が有りますので、それを上手く活用したい場面は多いでしょう。海外を相手に上手く取引をすすめるため、翻訳サービスは欠かせず、多言語翻訳の重要性についても高まっていると言えます。例えば、ある製品を輸出する場合、その購入者が複数の国である場合には、色々な言語に対応している事は有益です。製品の表示類や、マニュアルは、自国語に訳されている場合は、操作性も高く、色々な場面で信頼を得やすいです。多言語翻訳サービスは多くの会社が手がけているので、まずは探してみましょう。多言語翻訳サービスは豊富にあり、実に様々な会社が見つかります。特徴やサービス内容、扱える言語などは様々で、英語や中国語は勿論、珍しい言語に対応している会社もあります。また、翻訳サービスに併せて、DTPや印刷を行える会社もありますので、カタログなどを用意したい時には便利です。WEB制作を行っていたりと、多言語翻訳と併せて付加価値の高いサービスを提供している会社が多くなってきています。多言語翻訳サービスを行っている会社を探す際には、インターネットを活用してみると便利です。各社ホームページを用意していますので、検索して確認してみましょう。満足できる条件の会社や、思っても見なかった便利なサービスも見つかるかもしれません。

海外取引のサポート

アルファベット

海外と取引を行う場合外国語でのコミュニケーションが必要不可欠になります。社内で多言語翻訳に対応するためには、外国語に堪能な何人もの担当者を配置する必要があります。資金が十分である場合にはそれも可能でしょうが、そうでない場合の方が多いかもしれません。そんなときには多言語翻訳のアウトソーシングサービスの利用が便利でおすすめです。ある多言語翻訳に対応している会社では、様々なサービスが用意されています。メールの翻訳対応や365日いつでも必要なときに対応してもらえるサービス、そして複数の言語への対応です。本社だけではなく支店でもこのサービスが利用したいという場合には、依頼するボリュームに応じて見積もってもらえます。多言語翻訳を請け負っている会社では、翻訳サービスだけではなく電話通訳やテレビ電話通訳にも対応してもらえます。緊急の場合にはメールではなく直接電話がかかってくることがあるかもしれません。最近ではテレビ電話をビジネスシーンで利用している人も多いため、たいへん便利なサービスだと言えます。通訳オペレーターの表情も確認しながら通訳サービスを受けることができ、まるでその場に通訳者がいるかのような雰囲気で仕事が進められるはずです。英語や中国語といったビジネスシーンでよく使用されているメジャーな言語だけではなく、韓国語やスペイン語、ポルトガル語などにも対応してもらえます。翻訳サービスだけではなく通訳サービスも併せて利用してみてください。

チャンスの幅が広がる

パソコン操作

ビジネスがグローバル化する現代社会において、存在感を高めているのが多言語翻訳サービスです。これまでは英語や周辺国の翻訳ができれば安心でしたが、今や世界中で顧客を獲得するチャンスがあります。つまり、翻訳できない場合はチャンスを逃すことでもあり、会社の未来を左右すると言っても過言ではありません。多言語翻訳サービスは世界中の主要言語に対応し、多くの場合は言語の組み合わせも自由です。日常会話だけでなく専門分野のプランも選択でき、多言語翻訳サービスは幅広い職種または教育機関に支持されています。また、ほとんどのサービスがインターネットを利用したシステムですので、依頼から受け取りまでがスピーディーです。翻訳待ちでチャンスを逃すようなことはなく、成功の秘訣としても活用されています。多言語翻訳サービスはコンピュータの翻訳エンジンではなく、スタッフの手で作業が進められます。誰でもスタッフ登録できるのではなく、厳しいテストと審査をクリアした人のみです。スタッフにランクが付けられていることも多く、料金が異なる場合もあります。例えば高ランクの翻訳は文字単価も上がり、平均ランクは低単価で依頼できる仕組みです。文字単価のポイントは翻訳内容によって選べる点にあり、メールのような簡単なやり取りは低単価でも良いでしょう。契約書のような重要な書類の場合は高ランクの翻訳で依頼し、ページ数によっては見積もりで契約するのもひとつの工夫です。また、依頼内容に対して翻訳者をコーディネイトするシステムもあります。まずは問い合わせや見積もりを依頼し、納得したうえで多言語翻訳サービスを利用すると確実でしょう。