ビジネスシーンで需要が高まっている多言語翻訳【メリットを調査】

企業に必要な翻訳サービス

多言語に対応できる体制

アルファベット

中小企業の発展のためには生産コストの安い東南アジアへの進出が喫緊の課題になります。その場合に問題になるのが言葉の壁です。ビジネスの世界では英語が世界共通語ですが、東南アジアの場合は色々な現地の言葉があります。契約文書やその他の重要文書類では、英語だけでなく現地の言語も同時に翻訳する必要があります。事業内容によってはヨーロッパの国々が関わる場合もあります。そうなると多言語翻訳が必須になってきます。専門の翻訳会社に言葉ごとの翻訳を依頼するとコストがかかりますので、多言語翻訳サービスを行っている会社を選ぶようにします。1言語ずつ依頼するよりも、多言語翻訳サービスを利用した方が内容についての説明を省くことができて便利です。多言語翻訳サービスを利用するとコストダウンできるだけでなく、重要文書を拡散せずにすむのでセキュリティの面でも安全です。また1社に依頼するため、翻訳の質を統一できるというメリットがあります。複数の翻訳会社に依頼すると、それぞれの能力によって日本語への文章化に差が出てしまいます。これを防ぐためには1社の多言語翻訳サービスを利用した方が安心感があります。色々な翻訳会社が多言語翻訳サービスを行っていますが、なるべく翻訳言語の種類が多い会社を選ぶようにします。というのも会社の事業というのは常に動いているので、色々な国の人間が関わってくる可能性があるからです。その時に慌てないように翻訳言語の数が多い会社を初めから選んでおくのです。

煩雑な翻訳を全てお任せ

アルファベット

多言語翻訳サービスは、企業の間でニーズが高まっています。その背景としては、ビジネスのグローバル化が挙げられるでしょう。企業活動は国内にとどまらず、国境を越え世界各地で展開されるようになってきました。各国現地でビジネスを成功させるためには、何と言っても言葉の壁を乗り越え、コミュニケーションを十分行うことが必要とされます。しかし、言語を従業員にマスターさせたり、翻訳専門の人材を直接雇うことには、手間やコストがかかります。そこで、多言語翻訳サービスを利用することで、翻訳の仕事を経験や知識が豊富な専門家にアウトソーシングする企業が増えているのです。多言語翻訳という煩雑な作業を一括でしてもらえるので、企業の海外でのビジネス展開の大きな支えとなっています。こうした多言語翻訳サービスを提供する会社は、多いです。この中から、自社のニーズや予算に合うところを選ぶ必要があります。ポイントとして挙げられるのは、まず専門性です。企業を顧客とする各サービス会社は、ビジネス支援を目的としているところが多く、各国の商習慣や文化、ビジネスで使われる専門用語などをよく理解したスタッフを抱えています。さらに、専門分野を細分化し、法律、医療、IT、科学といったような分野に詳しい翻訳家が在籍しているところも多いです。こうした専門性が高く、実績も確実に積んでいる会社に依頼したいものです。また、価格面も大切です。一文字あたりの価格が明示されているなどわかりやすいことの他、翻訳の精度やスピードなどに応じた価格設定など、柔軟な料金体系になっているようなところですと、利用しやすいと言えます。社内利用が主な目的で厳密な精度は求めない、納期は遅くてもよいから安くしてほしい、など利用シーンに応じて料金を抑えることができるからです。

速さと正確さなどが人気

模型

企業を対象としたサービスとして多言語翻訳サービスがあります。そのサービスが人気なのは、様々な国の言語に翻訳出来ることだけでなく、速さと正確さがあることです。速さについては、多言語翻訳に対応してる一般的な会社は、複数人のベテランの翻訳家が在籍や登録しているので、大量にある文章の翻訳も短時間で行なってくれます。直ぐにでも翻訳してもらいたいときや、社員だけでは対応できなかったら依頼してみると良いです。また、正確さもそれぞれの言語にスペシャリストが翻訳してくれるので、難しい専門用語が入っていたとしても、それらも正確に翻訳してもらうことが出来ます。このように速さと正確さもあるので、それが必要なときには役立ってくれるサービスです。また、そのような多言語翻訳サービスで依頼することが出来る書類は沢山有ります。例えばよくあるのが、ビジネスメールやビジネス文章の翻訳です。海外との契約だったり資料を送るときに、メールでやりとりすることも多いですし、契約書などのビジネス文章は正確な翻訳が求められるのでそこでも翻訳サービスが活躍します。更に会社によっては文字を翻訳してくれるだけでなく、会議を録音した内容を文字に書き出して翻訳してくれるテープ起こしサービスもあります。書きだした議事録等を資料として使いたい場合にも便利です。多言語翻訳の他に商談通訳や講演通訳などの通訳サービスもしている会社も多いので、そのような付随するサービスも使っていきましょう。